プラチナの存在感。田中貴金属のプラチナ積立。・・・など5雑談


プラチナの存在感
プラチナは、工業的な需要から国際価格が上がっています。プラチナは需要が高まっても、希少で偏在しているため、簡単に生産量を伸ばすことができません。そのため、宝飾品としては、ホワイトゴールドやシルバーなどにシフトしている面もあるようです。そういう人たちは、ホワイトゴールドが欲しいというより、プラチナの代替として似ているホワイトゴールドなんでしょうね。

田中貴金属のプラチナ積立
田中貴金属でもプラチナ積立が購入できるようです。田中貴金属のプラチナ積立は、月々3000円からのようです。また、プラチナの価格などを見て、好きなときにプラチナの増額購入もできるようです。プラチナって、結構価格が動くようですからね。安くなったときが、買い時ですからね。そのほかにも、田中貴金属のプラチナ積立は、いろいろサービスが充実しているようです。

プラチナ使わない燃料電池
燃料電池というと電極としてプラチナが使われますが、プラチナを使わない燃料電池が開発されたようです。開発したのはダイハツ工業で、電解質膜がアルカリ性(従来は酸性)のため、プラチナの代わりにコバルトやニッケルなども電極触媒として使えるようになったようです。この技術で、プラチナへの需要がゆるまるでしょうか。

2007年11月プラチナ価格上昇中
2007年11月時点でプラチナの国際価格が上がり続けています。その要因は、南アフリカの鉱山で10月以降に生産トラブルが続いていること。プラチナの需要は衰えることを知らず、生産が間に合っていないようです。英大手貴金属精錬・加工のジョンソンマッセイ社もまだまだ価格が上がる見通しを発表しています。

世界最大のプラチナ生産者
世界最大のプラチナの生産者は、南アフリカ共和国のアングロ・プラチナ社だそうです。アングロ・プラチナ社の動きは世界が注目しているようで、アングロ・プラチナ社の動向で、プラチナの国際価格が動くこともあるようです。プラチナの世界最大の生産者はすごい影響力がありますね。






気になる記事ピックアップ

プラチナへの関心。プラチナ積立。・・・など5雑談
プラチナへの関心プラチナの価格が上昇し、多くの人がプラチナに関心を寄せています。投資の観点から関心を寄せる人、ジュエリーとしてのプラチナのファン、自動車産業の関係者などなど。プラチナの存在感が、価格とともにますます上昇している感じです。とはいえ、価格が上がりすぎて、宝飾品についてはホワイトゴールドやシルバ.....

投資とプラチナ。プラチナの国際価格上昇。・・・など5雑談
投資とプラチナ投資目的でプラチナを購入する人がいます。プラチナは希少性と環境問題を背景とした自動車産業などでの需要によりかなりの価格上昇をみせまた貴金属ですので、プラチナに投資して儲けた人はけっこういるでしょうね。投資といえば株や債権が有名だと思いますが、プラチナもまた投資メニューの一つなんですよね。プラ.....

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナの量。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの.....

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved