プラチナ先物とタイコム証券。三菱商事でプラチナ購入。・・・など5雑談


プラチナ先物とタイコム証券
プラチナ(白金)の先物を取扱う会社に、タイコム証券株式会社があります。タイコム証券株式会社では、プラチナのほかにもいろいろな商品先物を取扱っています。タイコム証券株式会社は、1956年(昭和31年)2月設立の会社で、事業内容は金融商品取引業、商品先物取引業です。

三菱商事でプラチナ購入
プラチナはジュエリーとしても人気のある貴金属です。そして、最近は自動車産業を始め、産業界での需要の急速な増加を背景にプラチナの価格は上昇してきました。そんなプラチナに投資する投資家もいるようです。三菱商事の「プラチナ・スポット」購入では、電話やインターネットを使って100万円からプラチナを手数料無しで購入できるようです。

プラチナの国際価格上昇
プラチナの国際価格が上昇しました。2007年9月、米国の利下げ観測によるドル先安感から来る代替投資先として金の買いが膨らんでいたようですが、プラチナでも国際価格が上昇しました。米国のサブプライム問題を発端とする世界的な株安の影響で、プラチナも一旦価格を落としていたのですが、復活し、上昇に転じたようです。

ジョンソン・マッセイのプラチナ見通し
イギリスの貴金属製錬・加工大手であるジョンソン・マッセイが2007年11月13日に発表したプラチナの国際価格の見通しがすごいです。今後半年間でプラチナ1トロイオンス1405ドル前後から今後半年間で1575ドル前後まで上昇する可能性があるとのこと。すごいですね。プラチナはまだまだ価格が上がると見られているようです。

プラチナとホワイトゴールド
ファッション・ジュエリーやブライダル宝飾品で、高額のプラチナよりも、低価格なホワイトゴールドを選ぶ人が増えているようです。ちなみに、ホワイトゴールドは金合金です。プラチナは、自動車触媒の需要の伸びなどにより、価格が上昇しており、宝飾品における、プラチナからホワイトゴールドへのシフトはさらに進みそうです。






気になる記事ピックアップ

プラチナの証拠金。プラチナとホワイトゴールド。・・・など5雑談■
プラチナの証拠金東京工業品取引所が2008年2月21日からプラチナの新規取引と既存建玉に取引臨時増証拠金を課し、2月末まで適用することとしました。南アフリカ共和国のプラチナ供給懸念から荒い値動きが続いていたことに対処したもののようです。プラチナの値動きの激しさがいろんなところに波及していますね。プラチナとホワイトゴールドファッション・ジュ.....

プラチナ先物と明治物産。プラチナの安定性。・・・など5雑談
プラチナ先物と明治物産プラチナの先物取引を取り扱う会社に明治物産という会社があります。プラチナや金の注目度は高いので、投資対象としてもとても気になるところです。ちなみに、明治物産では、貴金属市場として、プラチナのほか、金、金ミニ、銀、パラジウムなども取り扱いしているようです。プラチナの安定性プラチナは化学的に非常に安定な貴金属です。非常に.....

パラジウムについて
パラジウムは貴金属です。そして、パラジウムは白金族金属の一つもあります。パラジウムはさらにレアメタルの一つとしても位置づけられています。パラジウムは、プラチナのように銀白色の金属です。パラジウムは、過去には主として歯の治療で用いられる合金(金銀パラジウム合金など)等として利用されていたようですが、各国の排ガス規制強化を背景に.....

プラチナと環境と自動車。自動車とプラチナとパラジウム。・・・など5雑談
プラチナと環境と自動車プラチナは、環境問題の解決に深く関係しているようです。そんなプラチナについてです。プラチナは自動車の排ガス浄化用(自動車触媒用)に使われています。環境問題への関心が世界的に高まる中、プラチナの自動車触媒用の需要が大きく伸びてきたため、それがプラチナの価格高騰の原因になっています。自動車とプラチナとパラジ.....

プラチナの量。プラチナという言葉。・・・など5雑談
プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの金も十分に貴重な貴金属ですが、この金と比較しても、プラチナの希少さは際立ちます。有史以来のプラチナの生産量は、金の生産量の30分の1程度といわれています。プラチナって物凄く少ないですね。プラチナが高価なのも不思議じゃないですね。プラチナという言葉プラチナとい.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved