プラチナへの関心。プラチナ積立。・・・など5雑談


プラチナへの関心
プラチナの価格が上昇し、多くの人がプラチナに関心を寄せています。投資の観点から関心を寄せる人、ジュエリーとしてのプラチナのファン、自動車産業の関係者などなど。プラチナの存在感が、価格とともにますます上昇している感じです。とはいえ、価格が上がりすぎて、宝飾品についてはホワイトゴールドやシルバーへのシフトも見られるようです。

プラチナ積立
プラチナ積立というのがあります。プラチナを毎月数千円の小額で購入、積立していくもののようです。純金積立のプラチナ版ですね。プラチナって高額な貴金属なのでなかなか手が出ないですが、プラチナ積立なら無理なく、プラチナを購入することができそうですね。

プラチナと万年筆
プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われている万年筆は、もちろん高級万年筆ですね。全ての万年筆に、プラチナが使われているわけではないようです。プラチナがどこに使われているかというと、万年筆のペン先に使われているようです。すり減りにくいので、安定した書き味を長く維持できるようです。

プラチナ価格上昇中
2007年10月のプラチナの国際価格は最高値を更新し続けています。その背景には、プラチナ生産量の8割を占める南アフリカで生産トラブルが相次いでいることがあるようです。そして、プラチナの先行き供給懸念からファンドの買いが一段と加速しているようです。プラチナは希少な一方で、自動車触媒などで需要が旺盛ですからね。

投資用のプラチナ
投資用のプラチナは、主にインゴットや、バー、コインなどとして保存されます。バーには、ラージバーとスモールバーがあります。宝飾品のプラチナと違って、なかなか投資用のプラチナにお目にかかることがないですね。投資用のプラチナのうち、お目にかかれるとすれば、コインが一番近いでしょうね。






気になる記事ピックアップ

プラチナ品位証明の種類。プラチナという言葉。・・・など5雑談
プラチナ品位証明の種類独立行政法人造幣局では貴金属製品の品位証明を行っています。貴金属の品位証明は、貴金属製品の製造業者又は販売業者からの依頼に応じて行われるようです。貴金属製品のうち、プラチナ製品の場合は、品位証明の品位区分がPt1000、Pt950、Pt900、Pt850の4区分あるようです。プラチナという言葉プラチナという言葉は、貴金属とは全く違.....

プラチナについて。プラチナの国際価格。・・・など5雑談
プラチナについて貴金属の一つプラチナは、ジュエリーとしても人気のため、よく知られた貴金属です。そして非常に高価な貴金属です。プラチナの金属としての特徴は、非常に安定した金属で、耐食性、耐熱性、高融点を特徴とします。プラチナの金属としての優れた特徴から、工業用としても利用され、先端技術を支えているようです。プラチナの国際価格プラチナは近年、環境問題を背景.....

プラチナや金の買取。プラチナとパラジウム。・・・など5雑談
プラチナや金の買取プラチナや金を買い取りを行う業者があるようです。買取してもらいたいプラチナ製品や金製品を査定してもらい、提示された査定金額に納得すれば、その査定金額でプラチナ製品や金製品を買い取ってもらうというもののようです。インターネットでも金やプラチナの買取を行っているサイトを見つけることができます。プラチナとパラジウムプラチナの代用にパラジウム.....

ディーゼル車の新技術とプラチナ。プラチナメッキに注意。・・・など5雑談
ディーゼル車の新技術とプラチナディーゼル車の排ガス浄化に使う貴金属の量を1/10にまで減らす技術を産業技術総合研究所が開発したようです。白金の変わりにイリジウムを使うことで実現した技術だそうです。この技術が普及すれば、長い間続いているプラチナの価格上昇の歯止めとなるかもしれませんね。プラチナメッキに注意プラチナ製品と勘違いして、プラチナメッキの製品を購.....

プラチナ先物と三菱商事フューチャーズ証券。日産の触媒新技術。・・・など5雑談
プラチナ先物と三菱商事フューチャーズ証券プラチナ価格が上昇を続けることでプラチナの先物取引も注目を受けているようです。プラチナ先物取引を扱う会社にはいろいろありますが、三菱商事フューチャーズ証券もその一つです。三菱商事フューチャーズ証券は、三菱商事株式会社の子会社です。三菱と聞くと安心感がありますね。日産の触媒新技術プラチナは自動車産業で触媒として利用.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved