プラチナ価格の敏感さ。プラチナと電気・電子工業製品。・・・など5雑談


プラチナ価格の敏感さ
プラチナは本当に希少な金属です。それを示す出来事を目にしました。南アフリカの鉱山の操業開始を受けて、プラチナの国際相場が反落したようです。鉱山の操業がそのままプラチナの国際価格に反映してしまうのはすごいことですね。他のものではありえないですよね。

プラチナと電気・電子工業製品
電気・電子工業製品に利用されるプラチナは、通常プラチナ単独では柔らかすぎるので、イリジウムや、ロジウム、ニッケルなどと合金にして利用されるようです。そんな、電気・電子工業製品に利用されるプラチナは、リサイクルし難いプラチナの一つのようです。

三菱商事でプラチナ購入
プラチナはジュエリーとしても人気のある貴金属です。そして、最近は自動車産業を始め、産業界での需要の急速な増加を背景にプラチナの価格は上昇してきました。そんなプラチナに投資する投資家もいるようです。三菱商事の「プラチナ・スポット」購入では、電話やインターネットを使って100万円からプラチナを手数料無しで購入できるようです。

プラチナ使わない燃料電池
燃料電池というと電極としてプラチナが使われますが、プラチナを使わない燃料電池が開発されたようです。開発したのはダイハツ工業で、電解質膜がアルカリ性(従来は酸性)のため、プラチナの代わりにコバルトやニッケルなども電極触媒として使えるようになったようです。この技術で、プラチナへの需要がゆるまるでしょうか。

プラチナとパラジウム
プラチナの代用にパラジウムが使われる場面があります。プラチナ価格の高騰が続けば、パラジウムの利用がさらに広がりそうです。プラチナを代用するパラジウムとしては、ガソリン車の触媒システムがあります。また、パラジウム宝飾品も一部で登場しており、パラジウムやホワイトゴールドが、宝飾品分野でプラチナの代わりになっていくかもしれません。






気になる記事ピックアップ

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナの量。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの.....

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

プラチナと古代エジプト。プラチナと万年筆。・・・など5雑談
プラチナと古代エジプトプラチナは古代エジプトでも使われていたそうです。使われていた量はわずかだったそうですが、プラチナの輝きはすばらしいですからね。プラチナがそれほど使われなかったのは、金と違い加工が難しいからのようです。そうはいっても、その輝きは本物ということですね。プラチナと万年筆プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われて.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved