エンゲージリング。結婚指輪と貴金属。・・・など5雑談


エンゲージリング
エンゲージリングは婚約指輪のことですが、エンゲージリングの場合、結婚指輪と違って、プラチナなどの貴金属だけのシンプルデザインのものよりも、こったものが人気のようですね。エンゲージリングでは、ダイヤモンドや誕生石にあたる宝石がのったものが人気のようですね。

結婚指輪と貴金属
結婚指輪は、結婚している人が左手の薬指につける指輪ですね。結婚指輪では、プラチナ、金、シルバーなどの貴金属のものが人気です。とくにプラチナの結婚指輪は人気です。しかし、近年は環境問題を背景に自動車用のプラチナ需要が高まり、プラチナ価格が高騰し、結婚指輪など宝飾品でのプラチナの利用は減ってきているようです。代わりに、ホワイトゴールドなどの人気が出てきているようです。

貴金属と東京工業品取引所(TOCOM)
東京工業品取引所は、商品取引所法に基づいて、先物取引を行う為に必要な商品市場を開設することを主目的に設立された特別法人だそうです。取引対象商品には、貴金属があります。貴金属の他は、ゴム、アルミニウム、石油です。貴金属の内訳は、金地金、銀地金、白金地金、パラジウム地金などのようです。

大証の金ETF
大証の金ETFが2007年8月10日から取引開始となったようです。大証の金ETFは、ロンドンの午後のフィクシングを円換算した金価格に連動した投信のようです。一口1グラムで売買単価は10口です。つまり2~3万円程度から売買できるようですね。販売元は野村證券だそうです。

スイートテンと商標
宝飾品関係で聞きなれた言葉に「スイートテン・ダイヤモンド」という言葉があります。この言葉、英デビアス・グループのもつ商標なんだそうです。知ってました。そういえば、よく耳にした「スイートテン・ダイヤモンド」というフレーズは、デビアスのテレビCMだったかもしれませんね。



[PR Link]気になる自動車、私の自動車、デミオ




気になる記事ピックアップ

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

プラチナと古代エジプト。プラチナと万年筆。・・・など5雑談
プラチナと古代エジプトプラチナは古代エジプトでも使われていたそうです。使われていた量はわずかだったそうですが、プラチナの輝きはすばらしいですからね。プラチナがそれほど使われなかったのは、金と違い加工が難しいからのようです。そうはいっても、その輝きは本物ということですね。プラチナと万年筆プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われて.....

プラチナと自動車と環境、そしてプラチナの価格
プラチナと自動車。一見関係なさそうなプラチナと自動車が、環境問題を背景に強く結びついているようです。プラチナは自動車の排ガス浄化用(自動車触媒用)として用いられています。世界的に排ガス規制が加速してきたことを背景に、この自動車触媒用としてのプラチナの需要は急速に伸びてきました。日本においても、近年プラチナの需要全体に占める、自動車触.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved