プラチナの表記。白金族金属。・・・など5雑談


プラチナの表記
プラチナを表す記号は「Pt」です。この記号に品位を示す1000分率の数字を添えて、表示されることが多いです。例えば「Pt900」はプラチナが90%であることを示しています。昔のプラチナの記号に「Pm」というのもあるようです。注意したいのは「PP」。これは、プラチナめっきを示す記号だそうです。

白金族金属
貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話題に上がりますので、聞いたことがあるかもしれませんね。

プラチナとパラジウム
プラチナの代用にパラジウムが使われる場面があります。プラチナ価格の高騰が続けば、パラジウムの利用がさらに広がりそうです。プラチナを代用するパラジウムとしては、ガソリン車の触媒システムがあります。また、パラジウム宝飾品も一部で登場しており、パラジウムやホワイトゴールドが、宝飾品分野でプラチナの代わりになっていくかもしれません。

世界最大のプラチナ生産者
世界最大のプラチナの生産者は、南アフリカ共和国のアングロ・プラチナ社だそうです。アングロ・プラチナ社の動きは世界が注目しているようで、アングロ・プラチナ社の動向で、プラチナの国際価格が動くこともあるようです。プラチナの世界最大の生産者はすごい影響力がありますね。

プラチナと万年筆
プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われている万年筆は、もちろん高級万年筆ですね。全ての万年筆に、プラチナが使われているわけではないようです。プラチナがどこに使われているかというと、万年筆のペン先に使われているようです。すり減りにくいので、安定した書き味を長く維持できるようです。




気になる記事ピックアップ

投資とプラチナ。プラチナの国際価格上昇。・・・など5雑談
投資とプラチナ投資目的でプラチナを購入する人がいます。プラチナは希少性と環境問題を背景とした自動車産業などでの需要によりかなりの価格上昇をみせまた貴金属ですので、プラチナに投資して儲けた人はけっこういるでしょうね。投資といえば株や債権が有名だと思いますが、プラチナもまた投資メニューの一つなんですよね。プラ.....

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナの量。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの.....

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved