プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談


プラチナ好きの日本人
日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。

プラチナの量
プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの金も十分に貴重な貴金属ですが、この金と比較しても、プラチナの希少さは際立ちます。有史以来のプラチナの生産量は、金の生産量の30分の1程度といわれています。プラチナって物凄く少ないですね。プラチナが高価なのも不思議じゃないですね。

不要になったプラチナや金
不要になったプラチナや金は買取してもらうこともできるようです。プラチナや金の宝飾品でも、デザインが古いとか、合わなくなったとか、ネックレスの鎖が切れたとか、いろいろな理由で、手放したくることはあるようです。そんなときは、金やプラチナを買取りしてくれる業者にお願いしてみるのも良いかもしれません。

投資用のプラチナ
投資用のプラチナは、主にインゴットや、バー、コインなどとして保存されます。バーには、ラージバーとスモールバーがあります。宝飾品のプラチナと違って、なかなか投資用のプラチナにお目にかかることがないですね。投資用のプラチナのうち、お目にかかれるとすれば、コインが一番近いでしょうね。

田中貴金属のプラチナ積立
田中貴金属でもプラチナ積立が購入できるようです。田中貴金属のプラチナ積立は、月々3000円からのようです。また、プラチナの価格などを見て、好きなときにプラチナの増額購入もできるようです。プラチナって、結構価格が動くようですからね。安くなったときが、買い時ですからね。そのほかにも、田中貴金属のプラチナ積立は、いろいろサービスが充実しているようです。




気になる記事ピックアップ

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナの量。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの.....

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

プラチナと古代エジプト。プラチナと万年筆。・・・など5雑談
プラチナと古代エジプトプラチナは古代エジプトでも使われていたそうです。使われていた量はわずかだったそうですが、プラチナの輝きはすばらしいですからね。プラチナがそれほど使われなかったのは、金と違い加工が難しいからのようです。そうはいっても、その輝きは本物ということですね。プラチナと万年筆プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われて.....

投資でゆとり生活

プラチナ(白金)の知識

プラチナと白金族金属

プラチナの話題いろいろ

プラチナを雑談

サイトについて

リンク

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved