パラジウムについて


パラジウムは貴金属です。そして、パラジウムは白金族金属の一つもあります。パラジウムはさらにレアメタルの一つとしても位置づけられています。パラジウムは、プラチナのように銀白色の金属です。

パラジウムは、過去には主として歯の治療で用いられる合金(金銀パラジウム合金など)等として利用されていたようですが、各国の排ガス規制強化を背景に自動車触媒としての需要が急増しました。近年では中国などの一部で、高純度のパラジウムを使った「パラジウム宝飾品」が作られたりもしているようです。(このパラジウム宝飾品の需要もあり、2005年にはパラジウムの需要の2割が宝飾品用だったようです。)

その他のパラジウムの利用としては、石油化学用触媒剤や電気・電子工業用部材などとしても用いられているようです。また、パラジウムはプラチナの割金としてもよく用いられるようです。

ところで、自動車触媒というと、ガソリン車についてはプラチナからパラジウムへの変換が進んだようですが、ディーゼル車では依然としてプラチナが主流のようです。

パラジウムはTOCOM(東京工業品取引所)での上場商品になっています。白金族金属としては、プラチナ(白金)とパラジウムだけが、TOCOMの上場商品となっています。

パラジウムの産出国は南アフリカとロシアで、パラジウムの総供給のほとんどを占めています。ですので、産出国の事情によりパラジウムの供給に混乱が生じる場合もあるようです。

パラジウムの化学的な概要としては、白金族(ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金~プラチナ~)の中では、最も耐酸性が弱いようです。パラジウムの原子番号は46で、元素記号は「Pd」です。




気になる記事ピックアップ

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナの量。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金属です。貴金属では、お馴染みの.....

プラチナ好きの日本人。プラチナの量。・・・など5雑談
プラチナ好きの日本人日本人はプラチナが大好きなようです。プラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったそうです。すごいですね。世界1位ってなかなか取れるものじゃないですよね。しかも、高価な貴金属のプラチナの需要ですからね。ちなみに2000年に日本を抜いた国は中国だそうです。プラチナの量プラチナは非常に希少な貴金.....

白金族金属。プラチナのリサイクル。・・・など5雑談
白金族金属貴金属には、プラチナを含む白金族元素が含まれます。白金族元素には、ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金(プラチナ)の6種類があります。プラチナは有名ですが、ほかはあまり聞かない名前ですね。この中で、イリジウムは衛星を使った携帯電話と同じ名前なので、聞き覚えがあるかもしれないですね。あと、パラジウムも、たまに話.....

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

プラチナと古代エジプト。プラチナと万年筆。・・・など5雑談
プラチナと古代エジプトプラチナは古代エジプトでも使われていたそうです。使われていた量はわずかだったそうですが、プラチナの輝きはすばらしいですからね。プラチナがそれほど使われなかったのは、金と違い加工が難しいからのようです。そうはいっても、その輝きは本物ということですね。プラチナと万年筆プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われて.....

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved