パラジウムについて


パラジウムは貴金属です。そして、パラジウムは白金族金属の一つもあります。パラジウムはさらにレアメタルの一つとしても位置づけられています。パラジウムは、プラチナのように銀白色の金属です。

パラジウムは、過去には主として歯の治療で用いられる合金(金銀パラジウム合金など)等として利用されていたようですが、各国の排ガス規制強化を背景に自動車触媒としての需要が急増しました。近年では中国などの一部で、高純度のパラジウムを使った「パラジウム宝飾品」が作られたりもしているようです。(このパラジウム宝飾品の需要もあり、2005年にはパラジウムの需要の2割が宝飾品用だったようです。)

その他のパラジウムの利用としては、石油化学用触媒剤や電気・電子工業用部材などとしても用いられているようです。また、パラジウムはプラチナの割金としてもよく用いられるようです。

ところで、自動車触媒というと、ガソリン車についてはプラチナからパラジウムへの変換が進んだようですが、ディーゼル車では依然としてプラチナが主流のようです。

パラジウムはTOCOM(東京工業品取引所)での上場商品になっています。白金族金属としては、プラチナ(白金)とパラジウムだけが、TOCOMの上場商品となっています。

パラジウムの産出国は南アフリカとロシアで、パラジウムの総供給のほとんどを占めています。ですので、産出国の事情によりパラジウムの供給に混乱が生じる場合もあるようです。

パラジウムの化学的な概要としては、白金族(ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミウム、イリジウム、白金~プラチナ~)の中では、最も耐酸性が弱いようです。パラジウムの原子番号は46で、元素記号は「Pd」です。




気になる記事ピックアップ

プラチナ価格大台突破。世界最大のプラチナ生産者。・・・など5雑談
プラチナ価格大台突破自動車排ガス触媒需要などを背景にプラチナの人気が続いていますが、プラチナの主要産出国である南アフリカ共和国の供給懸念からさらに価格を上昇させて、2008年2月18日、現物スポット価格が過去最高値である1トロイオンス2100ドルの大台を突破しました。右肩上がりが続いて、とうとうここまできましたね。世界最大のプラチナ生産者世界最.....

プラチナと古代エジプト。プラチナと万年筆。・・・など5雑談
プラチナと古代エジプトプラチナは古代エジプトでも使われていたそうです。使われていた量はわずかだったそうですが、プラチナの輝きはすばらしいですからね。プラチナがそれほど使われなかったのは、金と違い加工が難しいからのようです。そうはいっても、その輝きは本物ということですね。プラチナと万年筆プラチナは万年筆にも使われているようです。プラチナが使われて.....

プラチナと自動車と環境、そしてプラチナの価格
プラチナと自動車。一見関係なさそうなプラチナと自動車が、環境問題を背景に強く結びついているようです。プラチナは自動車の排ガス浄化用(自動車触媒用)として用いられています。世界的に排ガス規制が加速してきたことを背景に、この自動車触媒用としてのプラチナの需要は急速に伸びてきました。日本においても、近年プラチナの需要全体に占める、自動車触.....

プラチナと結婚指輪。プラチナの表記。・・・など5雑談
プラチナと結婚指輪プラチナは結婚指輪にとても人気な貴金属です。プラチナの白銀色の上品な輝きがいいんでしょうね。昔は金の結婚指輪をよく見ましたが、最近はプラチナの結婚指輪のほうが、きっと多いと思います。でも最近は、プラチナ価格の高騰を受けて、ホワイトゴールドなどの結婚指輪も人気が出だしたようです。プラチナの表記プラチナを表す記号は「P.....

プラチナの国際価格。不要になったプラチナや金。・・・など5雑談
プラチナの国際価格プラチナは近年、環境問題を背景に、自動車触媒用の需要が急速に伸びています。一方で、プラチナは希少で特定の地域からしか産出されないため、プラチナの産出国での事情を反映して、価格が高騰しやすい状況にあるようです。プラチナの価格は結構神経質なようです。不要になったプラチナや金不要になったプラチナや金は買取してもらうことも.....

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved