プラチナ(白金)について


プラチナは美しい白銀色の輝きをもつ貴金属です。そしてプラチナは希少価値が非常に高い貴金属です。プラチナの価値は金より上です。プラチナはその美しい外観から、宝飾品として人気の高い貴金属であり、プラチナはさらに投資対象としても注目を浴びています。また、プラチナは金属としての優れた特徴から、高価でありながらも工業用としても利用され、先端技術を支えています。

プラチナは非常に希少な貴金属です。プラチナ同様に高価な貴金属である金と比べてもその差は歴然で、有史以来のプラチナの生産量は、金の生産量の30分の1程度といわれ、プラチナは極めて希少な貴金属です。しかも、プラチナは南アフリカやロシアなどの限られた地域にしかないようで、日本も南アフリカから多くのプラチナを輸入しているようです。

プラチナの日本国内での用途は、宝飾品と自動車触媒が大きな割合を占めているようです。ところでプラチナの宝飾品としての需要は、1900年から1999年まで日本が世界1位だったようです。日本人はプラチナの宝飾品が大好きなんですね。ちなみに、2000年に日本を抜いたのは中国だそうです。

プラチナの品位(純度)は千分率で表示されます。標記としては「Pt」を使って、例えば「Pt1000」とか「Pt900」とか表されます。プラチナの純度は千分率なので「Pt1000」はプラチナ100%(といっても完全な100%はありえませんが)を示し、「Pt900」はプラチナが90%であることを示しています。
ちなみにプラチナの記号ついでに、「PP」というプラチナめっきを示す記号もあるので、プラチナといっても注意が必要です。また昔のプラチナには「Pm」という刻印も使われていたようですが、今ではプラチナにこの記号は使われていないようです。


参考・・・「JOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)資料及びホームページ」「フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』」




気になる記事ピックアップ

プラチナの産出国。プラチナ製のコイン。・・・など5雑談
プラチナの産出国プラチナの産出は、南アフリカやロシアなど、世界中でもごく一部の地域に限られています。プラチナの産出国が偏っているせいで、プラチナの価格はよく変動します。プラチナ産出国の事情が、プラチナの供給量に直接影響し、結果としてプラチナの価格に反映されるわけですね。プラチナ製のコインコインというと、金.....

自動車とプラチナとパラジウム。プラチナ品位証明の種類。・・・など5雑談
自動車とプラチナとパラジウムプラチナの需要のうち、自動車触媒用の需要はかなり大きいです。自動車触媒用のプラチナの需要が急速に増えたことで、プラチナの価格が上がりました。それで、自動車触媒用のプラチナの需要のうち、ガソリン車ではプラチナからパラジウムへの転換が進んでいるようです。プラチナ品位証明の種類独立行.....

プラチナという言葉。プラチナ製のコイン。・・・など5雑談
プラチナという言葉プラチナという言葉は、貴金属とは全く違ったものにも使われます。一般的に「プラチナ」という言葉が使われる場合、よい上級なイメージが加味されますね。本家のプラチナが、貴金属の中でも特に、貴重で高価な貴金属だからでしょうね。そんな、貴金属のプラチナにあやかったネーミングですね。プラチナ製のコイ.....

プラチナへの関心。プラチナ積立。・・・など5雑談
プラチナへの関心プラチナの価格が上昇し、多くの人がプラチナに関心を寄せています。投資の観点から関心を寄せる人、ジュエリーとしてのプラチナのファン、自動車産業の関係者などなど。プラチナの存在感が、価格とともにますます上昇している感じです。とはいえ、価格が上がりすぎて、宝飾品についてはホワイトゴールドやシルバ.....

投資とプラチナ。プラチナの国際価格上昇。・・・など5雑談
投資とプラチナ投資目的でプラチナを購入する人がいます。プラチナは希少性と環境問題を背景とした自動車産業などでの需要によりかなりの価格上昇をみせまた貴金属ですので、プラチナに投資して儲けた人はけっこういるでしょうね。投資といえば株や債権が有名だと思いますが、プラチナもまた投資メニューの一つなんですよね。プラ.....

Copyright © 2006- プラチナ!貴金属のプラチナ. All rights reserved